既卒の正社員就職サイト

既卒はどうすれば正社員就職できる?

新卒の就活に失敗、3月に卒業したけどまだ就職が決まっていない

既卒2年目、正社員はおろかアルバイトでさえも採用されない

海外留学から帰国したが、日本の卒業時期と合わず、どうしていいか分からない

社会人経験(職歴)がないので、選考してもらえるのでしょうか?

やりたい仕事が見つかりません

公務員試験・難関資格試験から撤退。どうすればいい?

 

こんな悩み・不安を抱えている皆さんでも、正社員就職はできます。

 

しかしながら、新卒の就活がうまくいかなかったのに、その延長線上で既卒の就活をしてもうまくいくはずがありません。

 

では、どうすればよいのでしょうか?

 

結論を言ってしまうと、既卒におすすめの就職支援サービスを利用するのです。

 

以下に、卒業後の就職活動のスタートアップについてもまとめているので、併せて読むと効果的です。

 

目次

 

就活のスタートアップ

就活の始め方

既卒の就活を始めるにあたっては準備しておかないといけないものがあります。

 

それは応募書類です。

 

履歴書であったり、自己PR書、志望動機書等(ウェブエントリーだと自己PR、志望動機)です。

 

これらがないと求人サイトでは応募が出来ません。

 

既卒就職支援サービスや新卒応援ハローワークで相談していく中で応募書類を作り上げていくという面もあるので、登録の時点で必ずしも必要なものとは限りませんが、用意してあるとスムーズにサポートが受けられます。

 

そこで、まずはこれらの応募書類を作成するための自己分析、職種・企業分析をする必要があります。

 

自己分析というと耳にタコができるほど聞いたことがある言葉だと思いますが、過去・現在・未来について分析をすることだと理解してください。

 

また、職種・企業分析もどんな仕事があるのか、どんな企業があるのかリミットを設けないで分析してください。

 

この自己分析や職種・企業分析も既卒就職支援サービスや新卒応援ハローワークでも手伝ってくれたり、セミナーがあったりしますが、自分である程度はやっておいたほうが、有意義な相談ができます。

 

就活の始め方のまとめ
  • 完璧でなくてよいので応募書類を用意しておく
  • 応募書類を作成するための自己分析、職種・会社分析をしておく

 

就活の進め方

既卒の就職活動の進め方については、新卒の時と同様に求人サイトに登録をしたり、合同就職説明会へ行くというのがスタンダードです。

 

卒業後3年以内であれば、新卒扱いですので、新卒の時に利用していた求人サイトでも応募できますが、本来の新卒を優先している企業が多いので、あくまでもオプションとして考えておきましょう。

 

合同就職説明会の方は新卒という区切りよりも第二新卒など含めた若年層という区切りで開催していることも多いので、積極的に参加しましょう。

 

ここまでは、新卒の時と変わりありません。

 

しかし、既卒になったら民間の就職支援サービスや新卒応援ハローワーク、国や自治体の就業支援事業に登録しましょう。

 

なぜなら、あなた一人で就活をするわけではないからです。

 

既卒就職支援サービスや新卒応援ハローワークは相談できる人がいます。

 

就活の悩みや不安、選考対策はどうすればよいのか等、うまくいっていない時に一人で考えていても埒が明かないことを相談すれば、ヒントや答えをくれます。

 

もちろん、何でもかんでもクレクレではいけませんが、助けてくれる存在を活用するのは既卒にとって大事なことです。

 

また、国や自治体の就業支援事業も紹介予定派遣の仕組みを利用していますが、派遣コーディネーターがいるので相談できます。

 

就活の進め方のまとめ
  • 新卒の時と同様に求人サイトに登録したり、合同就職説明会に行く
  • 就職支援サービス、新卒応援ハローワーク等相談できるサービスに登録する

 

就職支援サービスを利用すると…

就職活動の悩み・不安の相談に乗ってくれます

一人で就活をしていると悩んだ挙句、引きこもってしまうことにもなりかねません。悩みや不安を相談して解消すれば、既卒就活へのやる気、未来への希望が出てきます。

 

既卒求人を探してあなたに合った求人を紹介してくれます

自分では探すのが大変だったのにあっという間にあなたに合っていると思われる求人が出てきます。

 

書類選考・面接選考のアドバイスをしてくれます

個人で活動しているとアドバイスが必要な場合には有料で頼む必要がありますが、就職支援サービスでは無料です。

 

正社員として就職しやすい

求人サイトや合同就職説明会でも正社員の求人はありますが、就職支援サービスの多くは正社員求人の紹介に力を入れているので、正社員になりやすいです。

 

就職への近道です

就職支援サービスに頼らなくても就職をすることはできますが、頼った方が既卒向けの求人をすぐに紹介してくれますし、あなたの事情に合わせて就職選考のサポートもしてくれるので、結果的に就職への近道になります。

 

 

職歴なしの期間、つまりブランクが長くなれば長くなるほど、既卒の正社員を目指す就活は厳しくなっていきます。

 

無料であなたをサポートしてくれるので、思い立ったらすぐに利用しましょう。

 

既卒におすすめの就職支援サービス

ハタラクティブ
ハタラクティブ
対応地域 東京、神奈川、埼玉、千葉
利用料 無料
非公開求人 あり
雇用形態 正社員

既卒、フリーターや第二新卒など若年層を対象にした就職支援サービスです。
特筆すべきは80.4%にも達する正社員就職率です。なぜこのような実績が出るのかというと、書類選考通過率も91.4%であり、面接のアドバイス、面接後のフィードバックもしっかりしているからです。
アルバイト経験しかない、職歴が無いという心配もご無用です。前述の通りサポートがしっかりしていますし、未経験歓迎の正社員求人も常時1,000件以上あります。職種・業界も多岐にわたっているので、向いている仕事も見つかります。
一都三県(東京、神奈川、埼玉、千葉)でお仕事を探している人は利用してみてください。

  • 80.4%の内定率
  • 特定の業界・職種に捉われない正社員求人情報
  • 一都三県(東京、神奈川、埼玉、千葉)に特化

 

いい就職.com
いい就職.com
対応地域 全国(拠点は東京、大阪、名古屋、沖縄)
登録料 無料
非公開求人 あり
雇用形態 正社員

数ある就職支援サービスの中でも運営15年を超える老舗です。
卒業間際でも就職の決まっていない新卒者や、卒業後未就職の既卒者、早期・短期離職した第二新卒者など若年層をターゲットとしていて、これまでに延べ5,000名を超える求職者を正社員として送り出してきた実績があります。
紹介される正社員求人は募集背景が明確で、離職率が低い等、募集企業の条件を厳選しているため、長く勤められます。また、一部の求人にはインターンシップもあるため、事前にミスマッチが無いかを確認することもできます。
拠点のある東名阪エリアの求人が大半ですが、サポートは全国対応なので、地方の方も利用してみてください。

  • 厳選した正社員求人のみを紹介
  • 運営15年で5,000名を超える就職決定実績
  • 求人によってはインターンシップ有り

 

UZUZキャリアセンター(ウズキャリ)
UZUZキャリアセンター(ウズキャリ)
対応地域 東京(首都圏以外も対応)
利用料 無料
非公開求人 あり
雇用形態 正社員、契約社員

UZUZキャリアセンターも既卒・フリーターを対象とした就職支援サービスです。
何といっても個別サポートにかける時間が他社とは違います。1ヶ月あたり20時間も費やします。選考求人の分析、自己分析もそうですが、面接対策も含めてマンツーマンでサポートしてくれるので、面接通過率も50%以上アップします。
無料就活スペースUZUZBASEでは各種セミナーも行われているので併せて活用すると就活に役立ちます。
こうして手厚くサポートを受けても入社した会社がブラック企業だったのでは意味がありません。その点、求人からブラック企業を排除しているので、ミスマッチングもかなり少なくなっています。
求人は大都市がメインですが、サービス対応自体は全国なので、利用してみてください。

  • 求人からブラック企業を除外
  • 既卒専門カウンセラーが常駐する無料就活スペースUZUZBASE
  • 他社の10倍(1ヶ月平均20時間以上)を費やす個別サポート

 

ハローワークもおすすめ

上記では民間の就職支援サービスを紹介しましたが、公共のハローワーク(新卒応援ハローワーク)もおすすめです。

 

民間に無い特徴としては、47都道府県全てに拠点があるという点です。

 

民間の場合は商売としてサービスを提供しているので、どうしても利益の見込める都市部でのサービスに限定されがちです。

 

ところが、ハローワークは公共サービスのためそういった制約はありません。

 

ただし、既卒の求人は企業の本社・支店のある都市部に集中するというのは、民間の就職支援サービス、ハローワークともに同じですが、地方のハローワークに全く無いというわけではありません。

 

両方をうまく活用して正社員就職を目指しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加